ブログ

知らなきゃ損する?結婚式費用の相場は一体いくらか調べてみた


人生に一度のイベントとして、多くの方が憧れる結婚式。

写真や映像をみて、そのきらびやかでロマンチックな挙式に憧れを感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな結婚式において多くの方が抱きがちな悩みというのが、結婚式費用の相場です。

きらびやかでロマンチックな挙式を挙げたいけれど、どれくらい費用がかかるのか不安に感じてしまいがちです。

前もって費用や内訳も考慮してプランを立てるのは大変重要なこと。

そこで今回は結婚式における費用やその内訳について解説していきます。

結婚式にかかる費用や内訳とは?

結婚式費用の平均相場について

結婚式 費用01

まず一番気になるのが、一般的な結婚式費用の相場ではないかと思います。

おおよその平均相場として、300〜350万円ほど必要だったという方が多いです。

もちろんゲストの参加人数や会場によって費用は変動しますが、例えばゲスト70人を招く際にかかる費用は約370万程度だと言われています。

お二人の希望やゲストをもてなす演出やお料理などによっても変わってきますが、まずは平均的に300万円前後かかることは覚えておくと良いでしょう。

結婚式費用の内訳

結婚式費用の内訳についてですが、こちらも人数やアイテム数の増減などで大きく変動していきます。

ゲスト人数を4o人としたときの費用の一例を見てみましょう。

  • 挙式料 18万
  • 新郎新婦の衣裳代 50万
  • スナップ写真 15万
  • 演出代 15万

この段階ですでに98万円と大きな値段になっていますね。

さらにオプションで会場控室や貸切料金などで20万かかり、計118万円に。

そこにコーディネート料や引き出物、細かい部分で座席表などの印刷物やメイク代など合わせていけば、おおよそ200万ほどになります。

この辺りの内訳に関しては、会場側との事前の打ち合わせ等で念入りに調整し、無理のない費用の中で開催する必要性があるでしょう。

結婚式の費用を節約させるコツとは

結婚式 費用02

結婚式は挙げたいけど、費用は抑えたいという方もたくさんいらっしゃいます。

そんな方のために、費用を節約するコツをご紹介します。

お得に素敵な結婚式を挙げたい方は要チェックですよ!

人気の高い日程を避ける

5月、10月など比較的天気が良いとされている時期は、費用も高くなってしまいます。

特に大安や友引などの日は大変人気であり、さらに費用がかかるでしょう。

逆にいえばこうした日をあえて避けることでコストを抑えることも可能です。

見積もり交渉をする

他の式場の見積もり書を提示し、その価格から値下げできるか交渉を行なってみるのも一つの手です。

内訳等の細かい金額もわかるため、どの辺りをさらに削ることができるのか、比較検討する意味でもおすすめの方法です。

なるべく自分たちで準備・持ち込みをする

結婚式では会場側に用意してもらう小道具なども含め、全て費用がかかる可能性があります。

そのためドレスやカメラマンの手配など、自分たちで可能限り用意できるものは用意し、費用を浮かすように工夫してみるのも一つの手です。

会場によってはそういった持ち込みや準備などが禁止されている場合もあるため、その点もよく打ち合わせしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どれだけ素晴らしい結婚式を開催しようにも、手持ちの費用と相談しながら決めていくのも大切です。

まずは会場側と念入りに打ち合わせを行い、内訳等で納得したうえで進めていくようにしましょう。

結婚式場のスタッフと細部まで打ち合わせをして相談することがコストを抑える肝とも言えます。

気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせこちら

アクセス

〒559-0034
大阪市住之江区南港北1-14-16
大阪府咲洲庁舎 49階 Bridal Salon 44階

TEL: 06-6615-7013
FAX: 06-6615-6069

営業時間:平日 11:00~19:00(火曜定休)
/土日祝 10:00~20:00


ニュートラム南港ポートタウン線
「トレードセンター前」駅下車 徒歩約3分

地下鉄中央線
「コスモスクエア」駅下車 徒歩約5分

阪神高速湾岸線南港北・南出口より車で約5分

Rental Space

ページトップへ